B-bizジャーナル

【新型コロナ医療従事者へ、APU学生が「癒し」「感謝」を込めた別府温泉をご自宅へ配達】

11月14日(土)~15日(日)の2日間にかけ、福岡県の西福岡病院へ、APUの学生が新型コロナウイルス感染症の最前線で戦う医療従事者へ、クラウドファンディングで資金調達し、源泉100%の別府温泉をお届けしました!

 今もなお全国で新型コロナウイルスの感染が拡大し続ける中、医療従事者の方々は感染リスクを抱えたうえで患者様のために命がけで奮闘しています。コロナウイルスという見えない敵と闘い続けている医療従事者の方々に、癒しと感謝を届けたい。そんな思いから始まったのが「おうち温泉とどけ隊」プロジェクトです。
 「おうち温泉とどけ隊」とは、大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)の篠原准教授と有志で集まった学生6名の計7名から成り、おんせん県おおいたから全国の医療従事者へ、「源泉100%の別府温泉」をお届けするため、クラウドファンディングで約48万円の資金を募り、11月14日(土)~15日(日)の2日間にかけて、福岡県の西福岡病院の医療スタッフさんをはじめとする、福岡県内の温泉配達を希望された医療従事者、計10軒の個人宅へ、癒しと感謝を込めた源泉100%、泉温45度以上をキープした別府温泉をお届けしました。

【おうち温泉とどけ隊について】
 立命館アジア太平洋大学(APU)の篠原准教授と有志で集まった学生6名の計7名が結成。

温泉配達について】
 日時 令和2年11月14日(土)~15日(日)の2日間
 場所 医療法人 西福岡病院様(福岡県福岡市西区生の松原3丁目18番8号)ほか福岡県内
 配達湯量 約4,000リットル トラック 1台(4トントラック)
 配達する温泉の泉質 別府市内で汲んだ弱アルカリ性単純温泉
 配達する温泉の温度 別府市内で汲み上げ、専用タンクで保温。配達時には、約45℃以上で給湯。
 配達する温泉の湯量 1箇所につき約200~300リットル

【クラウドファンディングについて】
 プラットフォーム:CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
 支援方法:クラウドファンディングという形で、皆様からのご支援を受け付けました。
 プロジェクトページURL: https://camp-fire.jp/projects/view/308762 
 支援期間:令和2年9月19日(土)~10月25日(日)
 支援金額:479,000円(目標金額200万円)
 支援者数:65名

TEL 0977-76-5205
お問い合わせフォーム
ページ先頭へ