イベント・セミナー

大分カイコウcamp Vol.3「アウトバウンド」~大分の魅力ある商品を海外へ販路開拓するには?~

大分県には様々は食や伝統工芸があります。そんな魅力ある大分の商品を海外へ販路開拓していくためのヒントをお話するトークイベントを開催します。ゲストは、立体造形商品 FLATS(フラッツ)で海外販路進出している株式会社国東時間の松岡勇樹さん、日本企業の中国越境EC展開を支援しているインアゴーラ株式会社の赤塚保則さん、地方企業の海外展開支援を行うJETROの二原経太さん、総合商社として各種商品の貿易や商品流通を行う兼松株式会社の出口義且さんです。「大分の魅力ある商品を海外へ販路開拓するには?」と題し、これから海外への展開を目標に事業を考えている伝統工芸作家や酒などの食に携わる経営者や起業家の方々を対象に開催いたします。

また、第2部には少人数制のディスカッションの時間を設けています。海外への展開を考えている大分の起業家の方々とゲストのディスカッションに、一般参加者として一緒に海外展開について考えてみませんか?

こんな人におすすめです!

・自社の商品の海外展開を考えているが、何から始めて良いか分からない
・海外へのプロモーションの事例を知りたい
・海外への流通事情について教えてほしい
・商品の魅力を海外のユーザーに届けるPR手法を知りたい!
・海外展開を目指す起業家や経営者同士で交流したい

 

イベント概要

日程:12月12日(木)15:00~(14:30開場)
場所:冨士屋Gallery一也百-はなやもも-(大分県別府市鉄輪上)
※場所が分かりづらい為、以下のMAPをご参照ください。
 https://goo.gl/maps/KP58RV6avbV5rg3G9
参加費:無料
定員:30名

タイムスケジュール(予定):
◎第一部 トークイベント
15:00-15:10 大分カイコウとは
15:10-15:40 講演
ゲスト:株式会社国東時間 代表取締役社長 松岡勇樹氏
15:40-15:50 休憩
15:50-16:30 トークセッション
「大分の魅力ある商品を海外へ販路開拓するには?」
ゲスト:インアゴーラ株式会社 赤塚保則氏、JETRO 二原経太氏、兼松株式会社 出口義且氏

◎第二部 少人数制ディスカッション
16:40-18:00:県内起業家×ゲストとの少人数制ディスカッション
※一般参加可能(申込制)

◎懇親会
18:30-20:30:懇親会@魚豊寿し
※懇親会に参加をご希望の方は事前のお申込みと別途会費(4,000円程度)が必要です。

お申し込み

≪参加申込フォーム≫

応募締切12月10日(火)

先着順となっておりますので、お早目にお申込みください。

 

ゲスト紹介


・松岡勇樹氏


株式会社国東時間 代表取締役社長。日本文理大学建築学科客員教授。 大分県国東市安岐町在住。
【略歴】
1962 大分県国東市安岐町生まれ
1990 武蔵野美術大学建築学科修士課程修了、構造設計事務所T.I.S.&Partners入社
1995 段ボール製 組立式マネキン「d-torso」第1号試作
1998 アキ工作社 設立
2001 d-torso『EVE』にて 2001-2002 グッドデザイン賞 受賞
2005 第二回大分県ビジネスプラングランプリ最優秀賞 受賞
    初の個展『松岡勇樹の構造デザイン』展 開催 (銀座紙百科ギャラリー)
2007 経済産業省「元気なモノつくり企業300 社」認定
2009 廃校になった旧西武蔵小学校 (国東市安岐町) に本社を移転
2012 経済産業省「ものつくり日本大賞 優秀賞」受賞
2013 週休三日の「国東時間 (くにさきじかん) 」スタート
2018 創業20周年。社名を国東時間株式会社、ブランド名を「FLATS (フラッツ) 」に改称する

・赤塚保則氏


Inagora株式会社 ディレクター。
【略歴】
1996年 ソフトバンク株式会社入社
ソフトバンクグループの企業にて、法人営業、EC事業企画室、玩具・ゲーム系ECサイトの運営、人材系サイトの運営に携わる。
その後、B2B準備室を経て、アリババ株式会社の立ち上げに参画。
2008年 アリババ株式会社転籍
中国BtoB事業、国際BtoB事業の担当部長を経て、中国BtoC事業の担当部長として、多くの日本企業の中国越境EC展開を支援。
2017年 Inagora株式会社入社
マーケットプレイスコンサルティング部門にて、日本企業の新たな中国越境EC展開を支援。
現在に至る。

・二原経太氏


独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO) 大分貿易情報センター 係長
1993年生まれ。早稲田大学卒。宮崎県出身。
大学時代に米国留学を経験した際、日本文化及び産品の素晴らしさを再確認。将来はそうした日本産品を海外市場へ発信したいと考えるようになる。一方、自身が地方出身である事も手伝い、首都圏に比べ地方産品の海外への情報発信についてはまだ伸びる余地があるのでは、という問題意識を持つ。大学卒業後、地方と海外の架け橋となるべくJETROに入構。JETROにおいて「地方からの海外展開」という視点で日本企業の海外展開支援に取り組む。
JETRO東京本部勤務(2016~2017年度)を経て、2018年5月より大分貿易情報センターに赴任。年間およそ250件の貿易投資に係る相談に対応。海外バイヤーを招聘した商談会やセミナー等各種事業も実施している。

・出口義且氏
兼松株式会社 九州支店長。
兼松は電子・IT、食品・食糧、鉄鋼・機械プラント、環境・素材をはじめとした多種多様な製品・サービスを扱う商社。主に食品・食糧(酒類、穀物、その他各種食品原料など)を長く担当しており、
欧米を中心とした多数の国への駐在の経験を有する。現在は九州支店長として、九州を起点として各種商材の輸出入に携わっている。

主催:大分県、公益財団法人大分県産業創造機構、おおいたスタートアップセンター、一般社団法人B-biz LINK、株式会社ASO

TEL 0977-76-5205
お問い合わせフォーム
ページ先頭へ